胡医院

向日市寺戸町の内科、消化器科 胡医院

〒617-0002 京都府向日市寺戸町永田11-71
TEL 075-924-2662
EPARK病院 ネット受付はこちらから

※当日の受付の場合、お電話でお聞きした症状によって、診察のご案内を後日にさせて頂く事もございますので、あらかじめご了承ください。

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

炭酸ガスを使用、苦痛の少ない検査を行っております。
女性には超細径ファイバーを用意しております。


経鼻内視鏡と同様、大腸内視鏡検査についても楽に検査を受けていただけるファイバーを用意させていただいております。(オリンパス社製硬度可変式内視鏡)

大腸は平均約1.5mの長さの腸管がおなかの中にたたみこまれるかたちで存在しております。

大腸内視鏡検査がつらい理由は、腸管が直腸、下行結腸、上行結腸という部分では腹壁に固定されており、反対にこのあいだに存在するS状結腸、横行結腸では腸間膜という比較的自由度の高い(ぶらぶら動く)膜様の組織を介して腹壁に固定されているため、その境目を通るとき腸の壁に力がかかりやすくなるのが理由のようです。

なるべく痛くなく大腸内視鏡を挿入するために腸のかべになるべく力のかかりにくい方法を使いながら挿入するようこころがけております。

大腸の長さ、形は年齢、体型、性別、排便習慣によってバリエーションに富んでおります。

このため奥まで挿入する時間については短い方では3-5分ですみますが、長い方になると20-30分ほど時間がかかるかたもおられます。

また、奥まで挿入したあとファイバーを抜くときを中心に観察させていただきますが、1.5mの腸管を観察しないといけないため、胃内視鏡検査に較べて観察に要する時間は長めです(20分程度)。

先端透明フード、色素撒布にて早期大腸がん、扁平なポリープを見つける努力をしております。